悠Uサンルームの屋根仕様について②(全面遮熱・断熱タイプ)【ティージー株式会社】

悠Uサンルームの屋根は

ご希望に応じて仕様を変えることができます。


前回のブログでは、

悠Uサンルームの屋根の標準仕様が

「透明強化ガラス(5㎜)と旭硝子AGC製の

ツインカーボヒートカット(10㎜)の二重構造」

であることの説明と、オプション仕様の

「全面透過タイプ」をご紹介しました。


前回のブログはコチラ

02a6508d46842b60c3493a18637c1fa6
(長野県の高原で施工した屋根全面透過タイプの屋根)
59029246380370c1a0c86ee0bb7a8371
(長野県の高原で悠Uサンルームを施工した建物全景)

軽井沢などの避暑地や高原など「眺望・景色」を

重視するお客様に対しておススメでしたが、


今回ご紹介するのは

「夏の日差し・暑さ」対策を重視したオプション仕様

「全面遮熱・遮断タイプ」です。


詳しく説明すると、

標準仕様のツインカーボヒートカットの代わりに、

アルミ樹脂複合版(アルポリック)と断熱材(グラスウール)、

シナ合板を使って全面的に遮熱・断熱するという方法です。


夏の暑さが気になっていた岐阜県各務原市のお客様宅の

悠Uサンルームの施工事例をご覧ください。


t3-61-in2-640x381

施工前は標準仕様と比べて

「部屋の中が暗くなってしまう」ことを

心配されていましたが、悠Uサンルームの

屋根は天井が高く円形で圧迫感がないのと、

側面全面がガラス張りのため想像より明るく

気にならない様子でした。


acc155b29

それより、岐阜県は暑さが厳しい地域ですが、

真夏でもサンルーム内の暑さは気にならず

とても満足して頂けました。


t3-61-in1

t3-61-out1-326x245

眺望や景色を優先して「全面透過タイプ」にした場合、

オーニングテントを設置すれば夏の暑さ対策はできますが

価格もかなり上がってしまいます。


それなら最初から「全面遮熱・遮断タイプ」に

するのも賢い選択かもしれませんね。


次回は第3弾「一部遮熱タイプ」の

屋根仕様について紹介しますのでお楽しみに。


pagetop