愛知県瀬戸市で悠Uサンルームの工事が始まりました!【ティージー株式会社】


もうすぐ師走。

11月も後半に入って朝晩寒くなりましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


8月の独立型タイプ悠Uサンルーム(静岡県磐田市)に続いて、今月は愛知県瀬戸市で悠Uサンルームの工事が始まりました。


今回は某工務店様からのご依頼で、古い平屋建ての住居をリノベーションするのと同時に悠Uサンルームの設置も決めて頂きました。


「大切なペットと一緒に過ごせるお部屋が欲しい」ということで色々と探したそうですが、ティージー(愛知県豊橋市)のホームページにたどり着いてお問い合わせに繋がりました。本当にありがとうございます!


IMG_2958-e1669287421434
工事開始前の写真



工務店様側で先週までに基礎工事は完了済み。


現場へ到着すると先ず最初の作業は工事開始前の「墨出し」(すみだし) です。


墨出しとは水平位置や中心位置を表示することで「墨つぼ」という道具を使って、墨をつけた糸を伸ばしてはじくことで対象に直線を描くことから墨出しと呼ばれています。


実際には墨ではなくチョークの粉で線を引いていきます。



4a84b68990aba5085e44245fcdc55c82
基礎完成写真
fe9de084a36ee4b40930ec4fa4081165
墨出し中


Uサンルームの工事はとても専門的なため、大手建材メーカー(YKKAPLIXILなど)のテラス囲いのようにエクステリア職人が説明書を片手に施工できるような商品ではありません。


Uサンルームのメーカーである (株)幾久屋さん【長野県千曲市】から専門施工チームが来て施工をします。


工期が約1週間と長いため、いつも現場近くのホテルに宿泊しながら施工を進める関係で、本日の工事初日はあいにくの雨模様でしたが工事の空白は作りません



5d0e71e86d80607d72a6bf6932466228
ブルーシートで養生
6cfb5c24c7f0a9438a429869ed7a35fd
養生(屋根)完成


だからと言って、お客様の大切な商品を何でも雨で濡らして良いわけではありません。

ブルーシートでしっかりと養生(屋根を作る)をしてから工事に取り掛かります。


初日の主な工事は「建て方」です。


新築住宅と一緒で骨組みを組み立てるのですが、その材料はアルミ製で雨に濡れても影響がない材料なのでご安心ください。


Uサンルーム側面の材料はユニット化してあるので現場では組み立てるだけですが、レーザー照射機(墨出し機)などを使いながら水平・垂直を確認しながら施工していきます。



33eb036d0c6ae95dcff2fbd4692bbdc2
サッシ枠の搬入
fed241aa267baf5834d2f37d8e1a2fff
建て方工事中


側面ができたら次は屋根です。


屋根の取り付けに必要な構造体(母屋)は岐阜県産の桧(ひのき)材です。


昨年までは米栂(べいつが)材だったものが仕様変更されました。


屋根材はサンルームの部屋内側がツインカーボスタンダード(AGC製)、外側は強化ガラスとなっており二重構造なので遮熱性能と併せて安全性能の面でも安心な構造です。


屋根材について書いたブログ


今日は屋根材の取り付けまでなんとか終わりました。

明日は天気が良さそうなので工事が進みそうですね。


e36676c1a4cd96fe6f0b7d46ccc018b5
屋根材だけ設置完了(屋根工事はまだ完成していません)



pagetop