「省エネ基準適合義務化」延期【前編】

昨年末に残念なニュースが入ってきました。

2020年に始まる予定だった新築住宅の

「省エネ基準適合義務化」が見送られることに

なりそうだというニュースです。

昨年12月3日に開催した国土交通省の

社会資本整備審議会建築環境部会での審議によると

「現在の住宅と小規模建築物については、省エネ基準

適合率が57~69%と低い水準にとどまっており、

省エネ基準に習熟していない中小工務店、設計事務所が

相当程度ある」とのこと。

これらを理由に適合義務制度の対象とした場合、市場の

混乱が懸念されることから見送られる公算が強まりました。

政府は2016年5月に閣議決定した地球温暖化対策計画、

2018年7月に閣議決定したエネルギー基本計画で、

「2020年までに新築住宅・建築物について段階的に

省エネ基準適合を義務化すること」を明記され、円滑な

実施のための環境整備が進められるはずだったのですが。。

中小工務店などへの配慮は必要だろうが、すでにこの制度

に対して取り組んできた会社にとって、また何より・・

地球温暖化対策の流れに逆行するだけでなく、断熱性能の

低い新築住宅の販売(購入)を容認することになります。

XAAAA-H16-177-2_0031

ガラスについては、新築戸建て住宅で「LOW-E複層ガラス」

(断熱・遮熱性能が高い特殊金属皮膜を貼ったペアガラス) の

戸数普及率が80%を超えて普及が進んでいますが、

欧米や韓国では普及が進んでいる「樹脂サッシ(窓枠)」

普及については日本ではまだまだ遅れています。

参考までに各国の樹脂窓の普及率は、アメリカ=65%、

ドイツ=64%、イギリス=76%、韓国=80%で、

日本はわずか「17%」ほどです。

中国でさえ、30%の普及率です。

XAAAA-H16-177-2_0030

昔の窓(アルミサッシ+単板ガラス)とアルミ樹脂複合サッシ

+複層ガラスとの断熱性能は約2.8倍と効果はありますが、

最新の窓(樹脂サッシ+トリプルガラス)との断熱性能の

差は ナント「約7.2倍」です!

「アルミ樹脂複合サッシと樹脂サッシの使用率が合わせて

70%を超えた」といってごまかされてはいけません。
XAAAA-H16-177-2_0029

ちなみに、悠Uサンルームで使われている窓は、

『樹脂サッシ+アルゴンガス入りの複層ガラス』

部屋として使って頂くことを前提なので当然です。

よく見かける建材メーカーのガーデンルーム(テラス囲い)

に使われる窓は「アルミサッシ+単板ガラス」です。

“部屋として使用をお勧めできない”理由が分かりますよね。

(↑詳しく知りたい方はサイト内のこちらページへ↑)

ティージーのショールームでは悠Uサンルームとテラス囲い

(YKKAP:テラス囲い「サンフィールⅢ」)の両方の

実物を展示して、実際の室内の温度を実体験して頂けます!

ご興味ある方は是非一度、ショールームへお越しください♪
pagetop