悠Uサンルームについて

コンサバトリーとサンルームの違いとは?光と風を感じる空間の選び方

2024年4月11日|カテゴリー「悠Uサンルームについて
美しい居住空間の追求は、日々の生活の質を高める1つの方法です。
特に自然光をたっぷりと取り入れながら、デザイン性と快適性を兼ね備えた空間を求める人々にとって、コンサバトリーとサンルームは魅力的な選択肢です。
この記事では、両者の違いについて解説していきます。

□コンサバトリーとサンルームとの違いとは?

コンサバトリーの魅力は、その歴史とデザインにあります。
18世紀イギリス発祥のこの建築スタイルは、ガラスをふんだんに使用し、自然光が内部に満ちる設計が特徴です。
この空間では、日光を浴びながら四季折々の自然を感じられます。

*デザインの多様性

コンサバトリーにはさまざまなデザインが存在します。
ヴィクトリアンスタイルは、多角形の屋根と天井の高さが特徴で、開放感あふれる空間を提供します。
エドワーディアンスタイルは、四角形の実用的な構造で、家具の配置が容易です。
リーントゥスタイルは、シンプルな構造で、さまざまな住宅に容易に取り入れられます。

*自然光の享受

ガラスで囲まれたコンサバトリーは、自然光を存分に享受できる点でサンルームと共通しています。

しかし、コンサバトリーはその規模と構造により、一室としての独立性を持ち、より広い空間として設計されています。
この特性は、コンサバトリーが単なる居住空間を超えた、多目的に利用可能な場所であることを示しています。

*用途の多様性

ガーデニングからパーティースペース、リビングやダイニングの延長としての使用まで、コンサバトリーはその用途の多様性において際立っています。
サンルームが特定の実用的用途に特化しているのに対し、コンサバトリーはより幅広い活用が可能であるため、自宅の空間を美しく機能的に活用したいと考える人に最適な選択肢となり得ます。

□コンサバトリーを選ぶ理由とは?

コンサバトリー選びにおいて重要なのは、その居住性、デザイン性、そして開放感です。
これらの要素は、コンサバトリーがただの部屋以上の価値を提供する理由を明確にします。

1:居住性に優れている

コンサバトリーは、その設計が居住性を重視しているため、快適に過ごせます。
気密性や断熱性に優れており、エアコンや床暖房、照明の設置も可能です。
このため、一年を通して快適な環境を保てるため、家族や友人との時間をより豊かにします。

2:デザインの魅力

コンサバトリーのデザインは、その魅力の1つです。
伝統的なイギリスのスタイルから現代的なデザインまで、幅広い選択肢があります。
これにより、自宅の外観を格上げし、非日常感を味わえます。
また、日本の住宅にも馴染むデザインが多く存在し、自宅に最適なものを見つけられるでしょう。

3:開放感とリラックス効果

コンサバトリーの開放感は、外の景色を楽しみながら、屋内で快適に過ごせる点で特筆すべきです。
夏は涼しく、冬は暖かい部屋で自然を感じられるため、リラックス効果やストレス解消にもつながります。
雨の日や夜でも、外にいるような気分で過ごせることは、コンサバトリーならではの魅力です。

□まとめ

この記事を通じて、コンサバトリーとサンルームの違いについて探求しました。
また、コンサバトリーの提供する居住性、デザインの多様性、そして開放感は、常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

当社が提供している悠Uサンルームは、コンサバトリー風のサンルームで、美しく上品なデザインとなっています。
機能性にも優れ、お住まいの形状や外観によって自由にカスタマイズ可能です。
悠Uサンルームについてより詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

悠Uサンルームの特徴について!四季を愉しむ理想の空間特徴と魅力

2024年3月22日|カテゴリー「悠Uサンルームについて
快適な居住空間の創造というテーマにおいて、自宅における居住空間の質を高め、生活の豊かさを追求する家庭が増えています。
自然光を取り入れつつ、プライバシーを守れる独自の空間、それが「サンルーム」です。
本記事では、特に悠Uサンルームの提供する独自の特徴と快適性に焦点を当て、居住空間の新たな可能性に迫ります。

□サンルームとはどのようなもの?

サンルームは、大きな窓やガラス張りの壁を利用して太陽光を多く取り入れられる部屋のことを指します。
この空間は、日常生活におけるリビングエリアの拡張や、増築の一形態としても検討されることがあります。

1:サンルームの多様な形態

サンルームにはさまざまな種類が存在し、それぞれに特徴があります。
「居住空間」として設計されたサンルームは、気密性が高く、悪天候時でも安心して利用できる設計となっています。

一方で、テラス囲いやガーデンラウンジのような形態もあり、これらはよりオープンな空間としての利用を前提としていますが、気密性はやや劣る場合があります。

2:悠Uサンルームという選択肢

「悠Uサンルーム」は、ただのサンルームではありません。
住まいと生活に溶け込む快適空間を提供します。
お家の外観に合わせたデザインで、毎日の暮らしに彩りを加え、特に居住性と機能性に優れた選択といえます。

ecb42500da4a6654c54893919eff3e381

□悠Uサンルームの特徴とは?快適な暮らしを実現!

悠Uサンルームは、その設計の柔軟性、高い断熱・気密性能、そして内部に使用される木曽ひのきという素材の採用により、一年中快適な居住空間を提供します。

*設計の柔軟性

悠Uサンルームは、お客様のあらゆる要望に応えるためのオーダーメイド設計が可能です。
ウッドデッキやベランダとの組み合わせ、窓の形状やサイズ、床の材質の変更など、細部にわたってカスタマイズできます。

*断熱・気密性に優れた構造

透明性、耐久性、防汚性に優れた素材の使用や、遮熱・断熱仕様の天井の採用により、夏の暑さや冬の寒さを大幅に軽減します。
また、アルゴンガス入り複層ガラスの使用により、一年中快適な室温を保てます。

*木曽ひのきの使用

内装に使用される木曽ひのきは、美しさと香り、耐久性に優れ、居住空間に上質な雰囲気をもたらします。
この素材の採用は、悠Uサンルームの特徴の1つとして、所有する満足感を高めています。

25737850_m

◻︎まとめ

悠Uサンルームは、その多様な設計の柔軟性、高断熱・高気密性能、そして木曽ひのきを使用した内装は、居住空間の質を大きく向上させます。
これらの特徴は、自宅の居住空間に快適さと機能性をもたらし、改善と革新を求める家庭にとって、理想的な選択肢となることでしょう。

悠Uサンルームについて興味を持たれた方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

花粉の季節到来!この時期おススメの花粉症対策をご紹介【愛知・岐阜・三重・静岡】

2024年2月20日|カテゴリー「悠Uサンルームについて
dc1c9ab08164b3e5c7b9d999d7cb478f-e1584941566517

節分も過ぎて暖かくなってくると、嫌な時期がやってきてしまいます。

そうです!花粉の時期の始まりです。(T_T)

毎年、花粉症に悩まされている私は、この時期はマスクと眼鏡で5月のゴールデンウィークまでひたすら我慢する生活を送ることになりますが、皆さんはいかがでしょうか?


今年の花粉飛散予想2024


日本気象協会のホームページの東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡)の花粉飛散情報2024によると、スギ花粉は「例年並みか例年より少し早いスタート」となる見込みで、名古屋(愛知県)では2月中旬から飛び始め、ピークは3月上旬からとなりそうです。

東海地方の花粉の飛散傾向は例年より「やや多い(120%)」ものの前シーズンと比べると「同じぐらい(90%)」の見込みだそうです。


お悩みの方も多いと思いますが、毎年この時期になるとお問い合わせを頂くのが「サンルーム」です。


62c3baaf643ab52faf06920008c607d9



花粉対策には「悠Uサンルーム」がおススメ!


いつもこの時期は「花粉が洗濯物に付くから外で干せなくて困っている」という方は多いです。それ以外にも、室内に干せたとしても「部屋が狭くなって困る」や「見た目が悪くなる」「お客様を呼べない」など、多くのお悩みを聞きます。

そこでお勧めする商品は「悠Uサンルーム」です。

一般的にサンルームと言われる商品の多くは“本当のサンルーム”ではなくテラス囲い、ガーデンルームと言って、主にアウトドアスペースとして使用される商品です。
アウトドアスペースということは、つまり花粉の侵入を防ぐことは難しいということになります。
悠Uサンルームは「部屋」として使用する商品のため、花粉の侵入を防ぐことに優れています。

その違いを書いたブログがありますのでご興味あるかたはコチラへ。


花粉だけじゃない!健康被害を防ぐためのサンルーム


最近では、花粉だけではなく「PM2.5」や「黄砂」の飛散も気になっている方も多いと思います。

ちなみにその粒子の大きさは、スギやヒノキの花粉は直径30~40μm(マイクロメートル)に対して、黄砂が約4μm、PM2.5は2.5μmとなります。

つまり、花粉の侵入を防げなかったら黄砂もPM2.5も防げないということです。


花粉症ではない方の普段の洗濯物を干すための部屋としては、テラス囲いやガーデンルームで充分だと思います。その方がコストも低く抑えられるからです。

ただ、毎年この時期に花粉症でお悩みの方には「悠Uサンルーム」一択でしょう!


ebd01b2340e6425a41c4128f15834376

悠Uサンルームのメリット


悠Uサンルームは、お客様のご要望や敷地・建物の形状に合わせてサイズや形状のオーダーが可能です。外観は英国コンサバトリーを連想させるオーバルデザインで、大手建材メーカーには真似できない唯一無二の商品です。

雨漏れ10年保証付きで部屋として安心して使って頂けます。

ティージー株式会社(愛知県豊橋市)は悠Uサンルーム東海地区代理店として、ショールームに実物展示をしています。

同敷地内にYKKAP製のテラス囲い「ソラリア囲い」やリクシル製のガーデンルーム「ココマ」も展示していますので、比較しながら検討して頂けます。


是非一度、ショールームへお越しください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

真冬の1月でも暖かい!サンルーム内の温度を調査した件【愛知県豊橋市】

2024年1月19日|カテゴリー「悠Uサンルームについて
c30077dbe558097a082975a9bff25b5e-e1705654860878
こんにちは。
代表の高橋です。

今年の冬は暖冬だと言われますが、明日は1年で最も寒いと言われる24節気の「大寒」です。

そこで、先週1月8日の成人の日(祝日)に自宅のサンルーム内の温度を調査しましたので参考にしてくださいね。


「1年で1番寒い冬の時期だからこそサンルーム!」

という理由が分かる内容ですよ !


午前中の温度

IMG_6474-e1705654486777


この日の日の出の頃の気温は3度!(ヤフー天気より)

サンルーム内の温度はそれよりも少し高い温度でした。

ちなみに、サンルームの出入り口は昨日の夜から閉めており、隣接するリビングのエアコンは就寝中は切っていました。(洗濯物は干していません)



IMG_6475
(7時43分現在)
5.7 (湿度39%)

この時間の愛知県豊橋市の外気温は3度。


サンルームは昨日から外の窓・ドアとも施錠した状態で、 室内側の出入り口も閉めた状態。

サンルームの中は“ヒヤッと”して寒いです。

IMG_6476
(10時00分現在)
14.8 (湿度41%)

この時間の愛知県豊橋市の外気温は6度。


サンルームは外の窓・ドアとも施錠した状態で、 室内側の出入り口も閉めた状態のまま

サンルームの中へ入ると “暖かい♪” 明らかに外とは違う感じです。


午後からの温度

IMG_6482-e1705654510169

今日は朝から天気が良く晴れていました。

こういう日は外気温は低くてもサンルーム内の温度は一気にあがります!


IMG_6479
(13時09分現在)
32.2 (湿度23%)

この時間の愛知県豊橋市の外気温は8度。


サンルームは外の窓・ドアとも施錠した状態で、 室内側の出入り口も閉めた状態のまま

サンルームの中へ入ると “暑いぐらい” で暖房してもここまで上がらない温度です。

ここでサンルームの出入り口を解放!

部屋へ暖かい空気が一気に入ってきます!!(リビングの暖房はOFF)


IMG_6483
(15時11分現在)
24.6 (湿度22%)

この時間の愛知県豊橋市の外気温は7度。


サンルーム内はまだまだ “暖かい” です。
日の光もはいるのでここで日向ぼっこするのが最高です!!


暖房をOFFにしたリビングも暖房を付けているのと同じぐらい暖かい。冬はこのパターンでエアコン代を節約です♪


IMG_6485
(16時54分現在)
17.5 (湿度27%)

この時間の愛知県豊橋市の外気温は6度。


サンルーム内はまだ少し “暖かい” ですが、そろそろ出入り口を締めてリビングの暖房をONにする時間です。




夕方から少し寒くなってきましたが、サンルーム内はまだ初夏のような温かさ。

昼間はサンルームの出入口ドアを開けておけば隣接するリビングまで暖かい空気がフワッと入ってきます。

まさに自然の暖房です。


これからコンサバトリーやサンルームまたは増築など検討する方は、是非一度参考にして欲しいです!

悠Uサンルーム東海地区代理店のティージー株式会社では、ショールームに実物展示があり冬の温度を実体験することができますのでお気軽にお越しください。

以前に冬のサンルーム内温度を調査したブログがあります。
↓↓↓ ご興味ありましたら是非一度ご覧ください ↓↓↓







サンルーム設置にかかる税金について市役所へ相談してきました【愛知県豊橋市】

2023年9月5日|カテゴリー「悠Uサンルームについて
こんにちは。
代表の高橋です。

今日は皆さん関心がある「税金」のお話です。

サンルーム設置と税金とは関係が無いように思えるかもしれませんが、基本的には税金はかかることになっています。

どんな税金かと言うと・・・
土地や建物などを購入した時にかかる「固定資産税」です。
(市街化区域内にお住まいの方は「都市計画税」もかかります)


大きさが10㎡を超えるようなサンルーム場合は、建築確認申請が必要となりますので必然的にこの税金がかかってきますが、10㎡未満の場合は特に役所へ申請をしないので分からない(請求がない)場合も多いです。

10㎡という大きさにピンとこない方もいると思いますので、一般的なサンルーム(ガーデンルーム・テラス囲い含む)のサイズで例えてみます。

<例>
・幅2間(約3.64m)×奥行9尺(約2.67m)=約9.71㎡
・幅2.5間(約4.55m)×奥行7尺 (約2.07m)=約9.41㎡
・幅3間(約5.46m)×奥行6尺(約1.77m)=約9.66㎡

上記サイズを超えるようなサンルームは建築確認申請が必要となりますので注意が必要です。

次に、固定資産税(都市計画税)のことを説明します。


固定資産税(都市計画税)とは

5136349b88d64b156ea1e88914c24664


固定資産税とは毎年1月1日時点において所有している土地や建物など(固定資産)に対してかかる税金のことで、その固定資産の持つ価値に応じて負担が生じる地方税のことです。

税額の計算方法は、所有する固定資産の評価額に「1.4%」(課税標準額)を掛けて出た額となります。(自治体によっては課税標準額が「1.5%」や「1.6%」のところもあるそうです)


都市計画税とは、土地区画整理事業や都市計画事業などの費用に充当することを目的とした税金のことで、原則として市街化区域内に土地や建物などの固定資産を所有する人に課せられる地方税のことです。

市街化区域とはお住まいの地域により範囲が様々ですが、地元の愛知県豊橋市(人口約36.9万人)の場合、豊橋駅からおよそ5km圏内が市街化区域となっています。

税額の計算方法は、固定資産の評価額に「0.25%」(課税標準額)を掛けて出た額です。(自治体によっては課税標準額が「0.3%」のところもあります)

固定資産の評価額は原則として固定資産税課税台帳に登録された価格のことで、建物の場合はその劣化具合なども考慮して算出されますが、建築費のおおむね5~7割程度だと言われています。(3年ごとに見直し有り)

固定資産税と都市計画税は、毎年4~6月頃に各市町村から「納税通知書」が届きますので、それに従って一緒に納付することになります。

尚、課税標準額の合計額が一定額に満たない場合は(土地30万円、建物20万円、償却資産150万円)課税されません。


固定資産税の対象とならない商品について



冒頭で悠Uサンルームには固定資産税(都市計画税)がかかると言いましたが、天井・床・壁で囲われいる商品についてはガーデンルームやテラス囲い、ストックヤードであっても税金がかかるということです。

逆に、テラス屋根など囲われていない場合は税金がかからないということですが、分かりやすく以下の商品写真で説明します。(YKKAPカタログ抜粋)


0a7f07cc4756e83255ed2aecce337c54
①YKKAP
「ソラリア」
テラス屋根タイプ 
※課税対象外
5d6d88460cec43c1edffcd2577ad4aac
②YKKAP
「ソラリア」
テラス屋根+
前面パネル付 
※課税対象外
709aad6b25b09cffe1241c0b411336e9

③YKKAP
「ソラリア」
囲いタイプ 
※課税対象
3079d0607249ac8df0d3dad785df6094

①YKKAP
ストックヤード
(前面パネルのみ)
※課税対象外
aada4abb82d27c81786c4d69d5ddb76a
②YKKAP
ストックヤード
(片面オープン)
※課税対象外
ca6b1f3aaa78d2931e40a9230f8e7aaf

③YKKAP
ストックヤード
(全面囲い)
※課税対象


以上、写真①・②は固定資産税(都市計画税)などの対象ではありませんが、③は対象となります。

片方でも囲われていない場合、基本的には課税対象外となりますが、囲われていれば材質(ガラス・アルミ樹脂パネル・ポリカーボネード板・波板など)は関係なく課税対象となるそうです。


豊橋市役所(愛知県)資産税課で聞いてきました!



悠Uサンルームをご検討のお客様から「税金はいくらぐらいかかるの?」と聞かれることがあります。

いつも私は「かかったとしても“大したことない”ですよ!」と言ったり、「大雑把に計算してだいたい1万円前後ですかね?」なんて答えていましたが、実際に地元の豊橋市役所(資産税課)で聞いてみましたので、そのやり取りを参考にしてください。


高橋:「サンルームを設置した場合の固定資産税額を教えて下さい!」

市役所:「設置の状況にもよりますので一概には・・」

高橋:「(悠Uサンルームの図面を見せて)こんな感じの商品なんですが・・」

市役所:「ちなみに、設置する地域はどちらになりますか?」

高橋:「まだ正式に決まっていませんが、〇〇町です。」

市役所:「少々お待ちください。」

(5分ぐらい待っていると・・)

市役所:「お待たせしました。3㎡ぐらいの大きさで高さが2mぐらいの商品で計算すると、概算ですが年間2,000円ぐらいです。」

高橋:「ありがとうございます。ちなみに9㎡ぐらいの大きさであれば単純に3倍した年間6,000円ぐらいになりますか?」

市役所:「だいたいそれぐらいで大丈夫です。ただ、あくまで概算なのでご容赦ください。」

高橋:「概算で全然構いませんが例えば、これが2万とか3万円になることはありますか?」

市役所:「それは、ありませんね。」

高橋:「あと・・10㎡未満であれば確認申請をしないので、サンルームを設置しても分からないのでは?」

市役所:「そうですね。そのような場合もありますが、ある程度エリアを決めて年に1度ほど実際に現地へ行ったり、WEB上からも確認しているので分かるケースもありますよ」

高橋:「(サンルーム設置が)後から分かった場合は、その時から固定資産税など請求があるということですか」

市役所:「そうなりますね。」

高橋:「ありがとうございます!色々と細かいことを聞いてスイマセンでした。」

今回の感想です。。



実際に役所へ聞いてみると、丁寧に色々と教えてくれます。

私は業者として伺ったのでお客様の個人情報を出すわけにもいかず、市役所の担当者の方も少し警戒しながらでしたが、個人として自宅にサンルームを設置することを前提に聞けばさらに詳しく教えてくれると思いました。
(出来れば、具体的な計算式など聞きたかったのですが・・)

とにかく、お忙しいなか、ご協力ありがとうございました!

尚、上記のやり取りは私の地元(愛知県豊橋市)の場合なので、実際に皆さんの所管する市役所で聞くと状況が違う場合もありありますが予めご了承下さい。

pagetop