施工現場

悠Uサンルームの工事記録【3日目】(愛知県瀬戸市)

2022年11月26日|カテゴリー「施工現場
1e65e553a466eadeb05c4cd6098d3d8c-e1669293564839

3日目工事開始前写真



3日目の作業は、屋根上の残工事、窓回りのコーキング、サンルーム室内の床と天井の工事です。


窓回りは写真にもあるように青色のマスキングテープが貼ってある部分をコーキングで防水します。


屋根は換気扇部分の仕上げ作業です。


(昨日の)工事前と比べても分かる通り雨が入ってこないように厳重に防水をしながら室内の空気を外へ排気するための重要な役割がある部分です。


ちなみに、悠Uサンルームの雨漏れの保障は「10年間」なので安心です。



2892fdc4649f000784ef90227ff44933-e1669293658459
屋根上の棟換気工事中
ca1c801aea5fd53ecc47f530ccd2b992-e1669293727188
屋根上の棟換気工事完成



次に天井の断熱工事です。


標準仕様の屋根はサンルームの部屋内側がAGC製のツインカーボスタンダード、外側は強化ガラス二重構造ですが、室内から天井を見ると型ガラス(スリガラス)を通じて空を見ているような状態でとても明るいです。


しかし今回の天井は断熱仕様ということで、二重構造の室内側に断熱材を敷き詰めてからシナ合板を貼る仕様となっています。


暗くならないか心配になる方も多いですが、側面が全面ガラス貼りのため明るさは十分です。


それよりも屋根の断熱性能は格段にアップするため、特に夏場のサンルーム内の温度上昇はかなり抑えられます。


本日は断熱材の施工までで、シナ合板の貼り付けは明日です。


↓↓屋根の断熱仕様について説明したブログがありますのでご興味あればご覧ください↓↓


 全面透過タイプ

 全面遮熱・断熱タイプ

 一部断熱・遮熱タイプ1

 一部断熱・遮熱タイプ2



32903d47f0b52c5bc8810bc47d833616
天井の断熱材施工前
f442fc3c3958f89de6073af9a63d3af4
天井の断熱材施工完了



使用する断熱材は旭ファイバーグラス製の「アクリア」という商品で、2007年4月に日本で初めて発売された『ノン・ホルムアルデヒド』(健康に配慮した)のグラスウール断熱材です。


この商品は、室内側の防湿ポリエチレンフィルムで水蒸気の侵入を防止しながら、断熱材の四辺に防湿気密フィルムの大きな耳が付いているので、確実な防湿気密施工ができます。



a23b1df20a75e329bbbedf663c30dee8-e1669293870168
断熱材アクリア説明イラスト
2625cd3e3ac060c7c2fb14d54693fbd1
断熱材アクリア施工写真



床の工事も進んでいます。


大引きの間に断熱材を敷き詰めた上からコンパネ(合板)を貼っていきます。


その上に床材を貼りますが、コンパネの状態でサンルーム内に作業机を持ち込んで様々な材料を細かく切りながら作業を進めていくことになります。


明日は天井のシナ合板を貼る工事があるのでこの作業机が大活躍すること間違いなしです。


本日はここまで。



bb235e366e2542588599c606c5daaea5
床施工中(コンパネ完成)


愛知県瀬戸市で悠Uサンルーム工事2日目(ティージー株式会社)

2022年11月24日|カテゴリー「施工現場
885df664fb379c6a29cc23138fd895eb-e1669290766432

建て方工事完成写真



昨日は雨が降る中、建て方工事(壁面の骨組みと屋根)の取り付けまでが完了しました。


本日は壁面の窓サッシ取り付けとその周囲のコーキング、屋根のコーキング作業、床組みなどが主な作業内容です。


先ずは窓サッシの取り付けですが、今回は7面ある壁のうち2面がドアとなっており出入りが可能、5面はFIX(はめ殺し)窓です。


今回は悠Uサンルーム「タイプⅡ」の標準仕様で、床から天井まで大きな窓(ドア)なので明るい空間になると思います。


タイプ別の商品の仕様と価格はコチラ


窓はシャノン製の樹脂サッシ+高断熱ペアガラス(アルゴンガス入り)です。


大手建材メーカーのガーデンルームやテラス囲いの窓はアルミサッシ+単板ガラスなので断熱性能の差は歴然です。



0dc4fb4b622b9011ad375de1a5425f56
エクセルシャノンのサッシ
79bda3ba0b7b0172cfd17ba789189ede-e1669291077189
窓サッシ取付完了



窓の取り付け後はその周囲のコーキング作業。


これが意外と時間がかかりますが、屋根のコーキング作業と同時に進めていきます。


屋根の上にスタッフが1人乗って作業をしますが、屋根は強化ガラスとツインカーボスタンダードの二重貼り構造なので強度的には問題ありません。


大手建材メーカーのガーデンルームやテラス囲いの屋根は、ポリカーボネート板なので人が乗ったら割れてしまします。(乗れません)


強度だけでなく断熱性能も優れています。


屋根上に気になる穴?がありますが、これは換気扇(標準仕様)の空気の出口です。


Uサンルームの室内からの空気を外に逃がす空気の通り道ですが、最終的にはフタをされて見えなくなってしまうので貴重な写真ですよ。



9e68a94b9446c3c1480f20db915d3a07-e1669291200881
屋根(換気扇出口)
dbe9f2fec60badf5f94f6e58cbb465c6
換気扇室内側



続いて床組み作業です。


新築住宅と同じ要領で進めますが、土間コンクリートの上に鋼製束を取り付けて、そこに大引きを取り付けます。


既存建物の床面の高さに合わせるために鋼製束の高さを調整しながら水平に取り付けます。



c3bf8d4b367bdce3a6fe05b3c791e1ed



それから断熱材の施工です。


大引きの間に敷き詰める断熱材は押出法ポリスチレンフォーム「ミラフォーム」(株式会社JPS製)です。


大手建材メーカーのガーデンルームやテラス囲いの床はアルミ材で床組みをして、その上に樹脂製の床材や木樹脂デッキを取り付けていきますが断熱材の施工はしません。


窓や屋根に続いて悠Uサンルームが“部屋”として使って頂くための性能を証明するものです。



37d42cc9349491c7c73323009d4dba59-e1669291425493
大引き施工中
b23576a568951c37d9c9a8cf01202635
床(断熱材)施工中



外回りの工事も順調に進んでいます。


窓回りのコーキング工事を進めながら、窓下に外壁材を施工する準備も進めていきます。


外部からの水の侵入を防ぐためにタイベック(デュポン製)という高密度ポリエチレン繊維不織布の防水シートを貼ります。



d2e2a0120ed024871f5c0e5e2f26b1fc
タイベック施工前
16ea82f0865f16e3a9a4ff3501b281e7
タイベック施工後